2009年05月30日

バルサ ヨーロッパ・チャンピン 写真(2)



バルサ ヨーロッパ・チャンピン 写真(2)

チャンピオンズリーグ決勝を盛り上げるサポーター

の写真がご覧いただけます。



動画集はこちらから ⇒ バルセロナ関連の最新動画・画像



ビスカ、バルサ !! (バルサ万歳!!)
posted by eipi at 04:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサ ヨーロッパ・チャンピン 写真(1)



先日、既にバルサヨーロッパ・チャンピオン・リーグ優勝の記事を投稿しましたが、AFPさんの写真が届いていますのでアップさせていただきます。



動画集はこちらから ⇒ バルセロナ関連の最新動画・画像



 
posted by eipi at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

バルサ3冠王 ヨーロッパチャンピオン!!!


バルサ 2 − 0 マンチェスター

メッシ                 ロナルド

アンリ                ・・・

チャビ                ・・・

イニエスタ              ・・・ 

エトーO               ・・・

ユーロ                ポンド

ラテン                アングロサクソン

パッション              経験

・・・                  ・・・


2009年5月27日


今年のフットボール・ヨーロッパ・チャンピオン・リーグ

を手にしたのは、期待通りに『バルサ』がマンチェスターに完璧に勝利して

優勝しました。 決勝はイタリア・ローマのオリンピック競技場。


上記の結果のように、『バルサ』が全てにおいて勝っていたのは歴然でしたね。

今期は、国王杯、リーグ優勝、そしてこのヨーロッパ・チャンピオンと

3冠王 !!!


マンチェスターに攻め入る隙を見させず、完全にゲームコントロールしての完全勝利でした。


今期の試合内容と結果に非常に満足です。。。 


動画集はこちらから ⇒ バルセロナ関連の最新動画・画像

posted by eipi at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

バルサ、マドリッド相手に貫禄の勝利 2-6 ゴールゴールゴールゴールゴールゴーーール

何も言うことはありません。

バルサの完璧な勝利でした。力の差がこれほど歴然としたマドリッドxバルサのゲームは近年まれに見るものでしたね。

FCバルセロナの特にメッシ・イニエスタ・チャビのコンビは抜群、素晴らしいです。

後半戦負け無しでしたがつまらない試合ばかりを続けてきたレアル・マドリッドをギャフンと負かし、実力の差を見せ付けた試合でした。世界中が、FCバルセロナのゲームの面白さ、強さを再認識したことは間違いありません。

良し良し。。。

次はチャンピオンリーグ準決勝のリターン。
水曜日のチェルシー戦は見逃せないですね。。。
バルサが先制すれば、チェルシーも攻めにきて面白い試合となりそう。
posted by eipi at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

世界で一番安い車が販売開始

こんにちは、


今日は、【世界で一番安い車が販売開始】

というスペイン語の記事を読んだので、翻訳してみました。

日本でもニュースに出ているかと思いますがご覧ください。
インドの話ですが、新車一台、1500ユーロだそうです。^^


------------------------------------------------------------------------------

今日、インドの車メーカーが、自動車販売急減に対処することを目的にインド市場に開始された新しいモデルを発表した。
10万ルピー(約1500ユーロ)のリーズナブルな価格で、世界で最も安い車、『Tata Nano』(車名)を購入できる。

Tata会長 Ratan Tata によると、「同社は、この新モデル車でインド市場に新たな旅行手段の革命をもたらす。」としている。

「私たちは、まずインドの人々、そしてその後は世界の他の市場に対して、新しい形の輸送方法を提供して始めているのだと思う。」と、最高責任者は述べている。

タタの目標は、インドの中産階級が、自動二輪車の使用を放棄して、より手頃な価格で安全な4輪自動車に変えていくことある。

新モデルプレゼンテーションのためのTATAの記者会見で、同社の会長は、ナノは「歴史的な行動」であるとも説明している。
現在の経済状況がなおさら、購入者にとっても魅力的なものになるだろうとした。


マネジングディレクターのラヴィカント氏は、ナノを発表したが、4月9日から23日までが予約の期間として、その後最初の出荷の7月上旬に車の鍵を初めて手にするのは、抽選で選ばれる最初の10万人とのこと。

タタのインド市場での新モデルでの期待は、多くの富裕層を獲得するという計画にあるようだ。

ナノの基本モデルは、2気筒エンジン搭載で、車体長3メートル、4段マニュアルギアボックスで、最高速105キロ/ h。

タタがインド市場で提供するのは、エアコンはなく、窓は手動開閉、電動パワーステアリングも無しの一番低価格のモデル。 しかし、ボンベイの投資アナリスト Hasmukh Kakadia氏によると、非常にコストパーフォーマンスの高い車だと考えているとのこと。


2011年には欧州市場へ投入される予定のタタ・ナノは、革張りシートやエアコンを含む多くの利便性を備えもう少し高くなる予定。同社はまた米国市場向けに、米国の安全基準を満たすためのいくつかの重要な変更を施した特定モデルも検討している。

posted by eipi at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

村上春樹 IN バルセロナ

17032009_004_blog.jpgこんにちは。



今日は、グエル公園と村上春樹さんのバルセロナでの講演。



先日3月17日、朝あまりに天気が良かったので家の近くのグエル公園に久し振りに行ってきました。

まだ9時過ぎで人影も疎ら。



   17032009_003_blog.jpg


いつもは子供たちや観光客でごった返していますが、こんなに静かなグエル公園は久し振り。


空も真っ青な地中海晴れ。。。



帰りに近くのバルに入っていつものようにスポーツ紙でバルサの記事を読み、別の一般紙”EL PERIODICO”
をパラパラとめくっていると村上春樹氏のバルセロナ訪問の記事が出ていて、あっ、そうだ、彼が講演をバルセロナですると聞いていたけど今日だ。!! と、思い出したのでありました。

そしてなんと会場は家から3分の図書館。

バルから出てすぐ近くの図書館へ行き、セニョール・ムラカミの講演の入場について尋ねると、夕方の4時半から入り口の前に並んで待ってください。 講演は午後7時から。
とのこと。17032009_006_blog.jpg

そして、

言われたとおりに4時半きっかりに行ったのでした。

その時点で既に60人ほど並んでおり、 それから2時間ほど経って整理券を配り始めましたが、最後尾の人はもう700番以上ではなかったでしょうか。

会場の定員は200名。なんとか運よく中に入れましたが他の500人以上の人たちがかわいそうでした。もっと大きな会場でやるべきですね。


村上春樹氏は彼の作品をスペイン語版で発行している出版社トゥスケッツの40周年記念イベントのひとつとしてこの講演会を行ったようです。


こちらで有名な映画監督イサベル・クシェットさんが司会をしながら質問をして村上氏が答えて、もう一人文芸評論家らしい男性も混じっての3人での進行。

使用言語は英語でした。3人とも結構うまい英語でしたが(私よりも格段に)、やはりそれぞれ母国語でないので少し微妙な会話の部分がありました。概ね会場の皆さんも理解できたと思います。

村上氏は思ったよりも気さくな感じで軽くジョークやユーモアを交えながらの回答で、小説家・翻訳者としての職業意識などの時代ごとの変化などを語っておられました。

彼のターニングポイントは、2001〜2005までの米国滞在とその後帰国するきっかけとなったサリン事件や両親が住まわれていた神戸地震の辺り?

「以前は内省的であった自分の言葉、考えのみが大事であったのが、サリン事件での1年間での前被害者の話を聞いていくうちに少しずつ自分の心に響いてくるものが多大きくなってきて、複数のいろいろな人の言葉が本質的であると感じていった。」


もう少し詳しい会場の様子や講演内容については、バルセロナ在住の朝倉協子さんのブログもお奨めします。

⇒ Pica★Pica Barcelona  ピカピカ☆バルセロナ : Haruki Murakami @ Barcelona


それでは。 少し長くなりましたので今日はこの辺で。。。
posted by eipi at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

スペインでプリペイドSIMを買う

お久しぶりです。

今日は、スペインでの携帯電話、特に旅行中に電話(コンピューターでのネット接続も含む)を頻繁に利用される方への参考になる記事を見つけましたので紹介します。

⇒ スペインでプリペイドSIMを買う(第60回):塩田紳二「モバイルトレンド」

さすがプロの記事ですね。分かりやすく説明されています。
こういう記事は、当地に住む自分なんかよりもやはり実際に旅行して困ったことを解決した旅行者ご本人の方がうまく説明できるんだろうなと思います。^^;

その他、先ごろバルセロナで開設された「Mobile World Congress」についての特設ページはこちらから。

⇒ 「Mobile World Congress 2009」 特設サイト


その他の記事もなかなか興味をそそる物がありますよ。(携帯やコンピューターの記事ですが)

--------------------------------------------------------



話は変わりますが、バルサがリヨンに勝って、チャンピオン・リーグのベスト8に入りました。
これからが正念場です。 v^^


それでは、また。
posted by eipi at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

『911やロンドンのテロで大儲けしていた金融機関』

今日は久しぶりに少し毛色の違ったテーマで書きます。

数年間購読しているメールマガジンのひとつ

【田中宇の国際ニュース解説】を紹介させていただきます。

記事は、以下詳細⇒のように、田中氏のウェブサイトからも閲覧できます。

テーマは、『911やロンドンのテロで大儲けしていた金融機関』

ちょうど1年前、フランスの大手銀行ソシエテ・ジェネラルのディーラーだったジェローム・カービエルが、金融先物取引で49億ユーロという史上最大の巨額損失を出し、不正の疑い(文書偽造など)で訴追される事件があった。(その後、史上最大の巨額損失事件は、昨年末に破綻した米国のバーナード・マードフのファンドに取って代わられた)

 カービエルは最近、初公判を前に、フランスの新聞の取材に対して爆弾発言を発した。それは、ソシエテ・ジェネラルが2001年の911テロ事件や05年7月7日のロンドンの77テロ事件の際、直前にテロで株価が急落しそうな保険会社などの株を空売りしておき、大儲けした話である。......

詳細 ⇒ http://tanakanews.com/090125daily.htm

ついでにもうひとつ、

『イギリスの崩壊』
【2009年1月24日】英国の金融崩壊が急速に進んでいる。昨年9月のリーマン倒産を機に一気に悪化した米国発の国際金融危機は、それまでのレバレッジ金融の金余りによって高値になったロンドンの不動産などの相場を急落させた。その後、昨年末の決算時に英金融機関の資産の時価評価額が減り、いくつもの大手銀行が事実上の債務超過に陥っていることが、今年に入ってわかった。

詳細 ⇒ http://tanakanews.com/090124UK.htm


田中宇氏の記事は、機知に富んでいて、記事元の出所も確かでとても読み応えがあります。過去の記事もいろいろ勉強になりますのでおすすめです。

posted by eipi at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

KLMオランダ航空【ヨーロッパへ往復運賃33,000円〜!】

ああー、ここまで安くなっているとは!!

追加サーチャージ料金があるとはいえ、安いですよね!

KLMオランダ航空【ヨーロッパへ往復運賃33,000円〜!】

今年90周年を迎えるKLMから、特別なオファーがあります。
なんと、出発日限定でヨーロッパまで往復運賃33,000円!!
詳細は以下をご覧ください。
また、オンライン予約で3,000円分の商品券、またはトラベルキッ
トがもらえるキャンペーンを1月末まで継続中!

ヨーロッパへの航空券のご予約は今がチャンスです!


⇒ KLMオランダ航空【ヨーロッパへ往復運賃33,000円〜!】


日本の皆様、今がチャンスですよ。

バルセロナに『バルサ』を見に来ませんか?

上記リンクページでいろいろと航空券、ホテル、ツアーなども探せます。


もしよろしかったら、空港-ホテル間の送迎アシスタントをご依頼ください。

バルサや地元の情報についていろいろ入手できます。


ではでは。。。

posted by eipi at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

バルサ戦、行ってきました CAMP NOU




こんにちは、

さて実は、ちょうど日本から来ていた親戚と息子がこの試合を見に行ってきました。 自分は所要ががあり家でテレビ観戦。

彼らの席は、インターネットで購入したバルサ指定席会員が試合前に事前に放出した席で(会員は指定席をFCバルセロナ側に返還して、第3者がその席を購入した場合、その席代を貰えるようになっています。)、そこはVIP席のすぐ隣のブロックでした。
マラドーナメッシが座っていた所の斜め後方で、帰宅後はとても興奮しておりました。
ちなみに、一人80ユーロの席でした。


それにしても、今年のバルサは強いですね。前半、得点された辺りは少し危ない雰囲気でしたが、今年のバルサが昨年と違うのは、ここから盛り返せるところですね。

この次の試合(1月7日)の、国王杯のATマドリッド戦では、メッシが大活躍しました。
彼のハットトリックで3−1で勝利。

この勢いでチャンピオンリーグ優勝まで行ってもらいたいところです。その前に、リーグ優勝がまず一番重要ですね。


ラベル:CAMP NOU,バルサ
posted by eipi at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

アンドラでスキー

Image0105.jpg


新年明けましておめでとうございます。


上の写真は、先日クリスマスにアンドラにスキーに行ったときに携帯で撮った物です。

クリスマスは一般のスペイン人は家族で親や親戚の家などで過ごすのが大半なので、スキーに来ていた人はとても少なく、アンドラのスキー場はガラガラでした。

アンドラはスペインとフランスの国境に囲まれた小国で、バルセロナから車で2〜2時間半ほどで到着します。
一般的には免税で物が買えるということで有名ですが、だいたいスペインの8〜9割程の料金のようですね。

今回はネットで予約したアパートメントホテルに泊まりました。料金は、6人部屋で(今回は4人で行きましたが)、一人1泊2食付で40ユーロ(1日あたり)で、意外と部屋も広くゲレンデまでいけるロープウェイの駅まで200mと絶好の位置にありました。
ホテルのバー(カフェ)でWifi(インターネット)が使えます。


アンドラは、わざわざ買い物に行くのは、燃料費や時間を考えるともったいない気がしますが、スキーやフランス−スペインを車で旅行する方やスキーに行きたい人にはとてもお勧めです。


ではでは、本年もよろしくお願いいたします。
posted by eipi at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

FCバルセロナ 一人横綱で圧倒的強さ!!



いいですね。。。

2008-2009年、上期の閉め上位力士チーム(FCバルセロナ以外の4チーム、セビリア、バレンシア、レアル・マドリッド、ビジャレアル)との4連戦に4連勝の12ポイント連続奪取!!

現在のところ、FCバルセロナの一人横綱状態ですね。

他に張り出し横綱もなしの状態。
この4チームと最近急上昇のAT.マドリッドが、大関、関脇辺りについています。(もしかしたら大関も無しの関脇と小結ぐらいかも!?)

このままの調子で、後半戦も頑張れ バ・ル・サ !!!
posted by eipi at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

FCバルセロナ貫禄の勝利 天才メッシ




12月14日の投稿に加えて、AFPBB News からの記事紹介です。

本当に、メッシはサッカーの天才ですね。


マドリッドの選手に何回も足元を蹴られていましたが、怪我をしないで、彼の天性の球捌きとスピードでずっと世界中のサッカーファンを魅了してもらいたいものです。
posted by eipi at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

FCバルセロナ、Realマドリッドに普通に勝利!!

ロイター
[マドリード 13日 ロイター] サッカーのスペイン1部は13日、各地で2試合を行い、「エル・クラシコ」と呼ばれる伝統の一戦は、バルセロナが本拠地でレアル・マドリードに2―0で勝利した。 バルセロナは後半38分にエトーが先制ゴールを決めると、試合ロスタイム ...
関連記事 »


当然の結果でしたが、やはりバルセロナがレアル・マドリッドに勝ちましたね。

大方の見方で、バルセロナの勝利が確実視されていた中で、そのプレッシャーをはねのけての勝利に、今年のFCバルセロナの強さが再確認できました。

後半戦もこの調子で、”バーモス!”

posted by eipi at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペインでも最大2900億円の被害か、マドフ容疑者の巨額詐欺




スペイン最大手の金融機関サンタンデール・セントラル・イスパノ(Banco Santander Central Hispano)銀行までが、米証券会社Bernard L. Madoff Investment Securitiesの社長バーナード・マドフ(Bernard Madoff)容疑者(70)による巨額詐欺事件のヘッジファンドに投資していたという話です。

その他の銀行も同様に巨額詐欺事件に巻き込まれているようです。

この経済危機の最中にまたもやネガティブなニュース。


暗いトンネルの出口が見えるのはいつになるのでしょうか。
posted by eipi at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

マンションくじ、確率7000分の1、バルセロナ



これはちょっと面白いアイデアですねー。

スペイン、バルセロナ近郊の不動産デベロッパー "Grupo de Empresas Rob"というところが、マンションくじを売り出し、その当選確率は、7000分の1。

宝くじキニエラ(スペインのサッカーくじ)などに比べれば、格段の
当選確率ですね。

明日、ちょっと電話してみて、まだこの「マンションくじ」を販売しているようなら買いに行ってみようかな。。。♪

結果、レポートいたしますね。

posted by eipi at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

ドナーの気管と自分の幹細胞を使い気管支移植に成功

バルセロナでのニュースより、

先日、他人から提供された気管(気道)と患者自身の幹細胞を用いて作られた、気管支移植の手術が初めて行われ、手術の成功がレポートされています。

患者はスペイン、バルセロナ在住の30歳の女性Claudia Castilloさんで、15歳と4歳の2人の子供の母親です。
現在のところ拒絶反応を予防する免疫抑制薬の使用は不要で、子供たちのの世話をすることも可能になったほか、階段の上り下りや、夜ダンスに出かけることもあるということ。。。

手術が行われたのはバルセロナ・ホスピタルクリニックHospital Clinic of Barcelona(バルセロナ)。英ブリストルBristol大学、イタリアのミラノ工科大学Politecnico di MilanoおよびパドゥアPadua大学の医師らは、今回の手術経過について英医学誌「The Lancet」オンライン版で11月19日に報告しています。

Castilloさんは4年前に咳(せき)の症状が続き、結核と診断され、肺虚脱にまで至っりましたが、今年(2008年)3月には子どもの世話が不可能になるほど容態が悪化。
治療の選択肢には肺摘出もあったが、この方法は生存できても生活の質(QOL)が著しく悪化されることから、バイオ工学(bio engineering)によって作られた「新しい」気道の移植を受けることになりました。

研究チームは、患者自身の骨髄から採取した幹細胞から上皮細胞と軟骨細胞を作り、脳出血により死亡した51歳の女性から提供された7cmの気管にこの細胞を移植。

4カ月後にできた「ハイブリッド」臓器を、6月に患者の左気管支に置き換えて移植。
提供された気管は25回の「洗浄サイクル(washing cycles)」を経て、移植した組織に対する拒絶反応の原因となる抗原が除去されました。
この手術による合併症はみられず、Castilloさんは手術後10日で退院したそうです。

米テキサスA&M健康科学センターのRonald Kuppersimth博士は、免疫抑制薬を使用する必要がない点でこの新しい手術に大きな期待を示しており、肺癌(がん)患者のように免疫システムが低下している患者にとっても有用なものとなる可能性があると述べています。

組織バイオ工学は身体の他の部位にはすでに利用されていますが、これまで気道に利用されたことはないということで、米レノックスヒルLenox Hill病院(ニューヨーク)のLen Horovitz博士は「幹細胞が提供された気管をうまく覆い、気管と一体化すれば拒否反応は起きない。
この種の移植手術は今回が初めてで、幹細胞を免疫モジュレーター(調整器)として利用し、臓器を元の型から望ましい型へと変換するもの」と説明しています。
その一方で、「幹細胞が気管提供者の細胞の機能をどれほど引き継ぐことができるかによって成否が決まる。この方法が今後の主流となるかどうかには、より多くの患者での研究が必要」と慎重な意見を述べてもいます。

スペインでの一般医療には、一抹の不安もありますが、こういう最先端の医療研究、実施も行われているのですね。 少し驚きました。
posted by eipi at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

『夢の遊び場』 バルセロナ マンゴ




先日バルセロナで開催されたマンゴ(Mango)2009年春夏コレクションの様子です。

テーマは”夢の遊び場(playground of dreams)”。


会場は、非常に盛り上がり、『夢の遊び場』をみんな楽しんでいました。

ショーのフロントロウには、女優ペネロペ・クルスの妹のモニカ・クルス(Monica Cruz)や、次のシーズンのマンゴのデザインも手掛ける、デザイナーのアダム・リッピズらも参加していました。
posted by eipi at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

日産工場の人員削減に抗議、卵投げつけ大規模デモ バルセロナ



スペイン・バルセロナ(Barcelona)で、日産自動車(Nissan Motor)の現地工場の人員削減計画に反対してデモを行う同社従業員の写真です。

しかし、一般スペイン人で、大元は隣国のフランスのルノー社が影響しているのを知っているのは、非常に少ないようでした。


posted by eipi at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

芸術家が政治家の応援!?




なぜか、スペイン・バルセロナ(Barcelona)の海岸に米国人アーチストのホルヘ・ロドリゲスヘラダ(Jorge Rodriguez-Gerada)さんが描いた米大統領選の民主党指名候補バラク・オバマ(Barack Obama)上院議員の巨大な肖像画が作られています。

結構な規模で、ほんとにすごいですね。

しかし、一般的に芸術家の方で政治的主張をされる人は、何かについての反対的立場を表現する場合が多かったと思うのですが、彼の場合は、何がそれほどまでにオバマ氏に対しての強い共感をもたせたのでしょう?

芸術家の仕事にしては、大げさすぎるような気がしないでもありません。。。

(政治カテゴリーにさせていただきました。)
posted by eipi at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。