2009年03月24日

世界で一番安い車が販売開始

こんにちは、


今日は、【世界で一番安い車が販売開始】

というスペイン語の記事を読んだので、翻訳してみました。

日本でもニュースに出ているかと思いますがご覧ください。
インドの話ですが、新車一台、1500ユーロだそうです。^^


------------------------------------------------------------------------------

今日、インドの車メーカーが、自動車販売急減に対処することを目的にインド市場に開始された新しいモデルを発表した。
10万ルピー(約1500ユーロ)のリーズナブルな価格で、世界で最も安い車、『Tata Nano』(車名)を購入できる。

Tata会長 Ratan Tata によると、「同社は、この新モデル車でインド市場に新たな旅行手段の革命をもたらす。」としている。

「私たちは、まずインドの人々、そしてその後は世界の他の市場に対して、新しい形の輸送方法を提供して始めているのだと思う。」と、最高責任者は述べている。

タタの目標は、インドの中産階級が、自動二輪車の使用を放棄して、より手頃な価格で安全な4輪自動車に変えていくことある。

新モデルプレゼンテーションのためのTATAの記者会見で、同社の会長は、ナノは「歴史的な行動」であるとも説明している。
現在の経済状況がなおさら、購入者にとっても魅力的なものになるだろうとした。


マネジングディレクターのラヴィカント氏は、ナノを発表したが、4月9日から23日までが予約の期間として、その後最初の出荷の7月上旬に車の鍵を初めて手にするのは、抽選で選ばれる最初の10万人とのこと。

タタのインド市場での新モデルでの期待は、多くの富裕層を獲得するという計画にあるようだ。

ナノの基本モデルは、2気筒エンジン搭載で、車体長3メートル、4段マニュアルギアボックスで、最高速105キロ/ h。

タタがインド市場で提供するのは、エアコンはなく、窓は手動開閉、電動パワーステアリングも無しの一番低価格のモデル。 しかし、ボンベイの投資アナリスト Hasmukh Kakadia氏によると、非常にコストパーフォーマンスの高い車だと考えているとのこと。


2011年には欧州市場へ投入される予定のタタ・ナノは、革張りシートやエアコンを含む多くの利便性を備えもう少し高くなる予定。同社はまた米国市場向けに、米国の安全基準を満たすためのいくつかの重要な変更を施した特定モデルも検討している。

posted by eipi at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。